日本発!機能素材DICROS(ディクロス)を使ったノンネイティブのアウター

ノンネイティブのDICROSを使用したアウター

日本発信の高機能素材DICROS(ディクロス)

日本発というのが良いですね。
DICROS(ディクロス)という機能素材を使ったアウターがノンネイティブからリリースされます。
風合いもあたらしい感じなので新鮮な気持ちになりますね。

DICROS(ディクロス)というのは、
日本のテキスタイルメーカー「第一織物」が手掛ける素材です。
海外のアウトドアメーカーにも素材提供しているしっかりした会社です。

研究を経て最初に完成を目指したのは、かつてないアウター用テキスタイル。
超高密度織物でありながらもハリとコシがあり、
一方でやわらかさとしなやかさを備えた織物だった。
それから様々なテストが試みられた。
結果、私たちがたどり着いたのは、
組織は平織でありつつ、経糸の特性が強調された生機がベストという答えだった。

これがDICROSの原型である。

スポーツテキスタイル技術をファッションに持ち込んでブラッシュアップした素材のようです。
最先端で面白いですね。

nonnative(ノンネイティブ)のDICROSを使用したアウター

今季気になっているアウターです。
高密度ポリエステルで洗いざらしのコットンのような柔らかい風合いで
キッチリなりすぎないほどほどのラインのアウターで重宝しそうです。
もちろん機能性素材のため、撥水も良いし、暴風・防寒もバッチリです。

ノンネイティブのDICROSを使用したアウター

ノンネイティブのDICROSを使用したアウター

[↑引用]honeyee
機能素材DICROSを使用したハイエンドなアウターコレクション。

画像中のアイテムは38000円~60000円の価格帯のようです。
もう少し上かなと予想していましたので、やさしい価格設定で嬉しいですね。

気になった方は店頭や通販サイトをチェックしてみてください。
人気が集中して早めに完売するアイテムもありそうな予感がします。
毎年のことですが、気になったら早めにアクション起こしたほうが良さそうです。
(全国のショップに片っ端から電話かけまくるというのは結構手間ですからね。。
 私は出遅れた時はたまにそうやって在庫を探してます。。)


ノンネイティブのDICROSを使用したアウター